guideline

世界医師会ジュネーブ宣言

1994年ストックホルム修正、日本医師会訳   1948年9月、スイス、ジュネーブにおける第2回WMA総会で採択  1968年8月、オーストラリア、シドニーにおける第22回WMA総会で修正  1983年10月、イタリア...


遺伝医学と遺伝サービスにおける倫理的諸問題に関して提案された国際的ガイドライン

遺伝医学と遺伝サービスにおける 倫理的諸問題に関して提案された 国際的ガイドライン   PROPOSED INTERNATIONAL GUIDELINES ON ETHICAL ISSUES IN MEDICA...


企業・医療施設による遺伝子検査に関する見解

近年の分子遺伝学・ゲノム医学の発達で、種々の遺伝性疾患が分子のレベルで診断可能となった。更に近い将来、遺伝が原因の一部を占める多因子病(生活習慣病など)の適切な医療も可能になるであろう。



お知らせ
<2019.10.8 不具合復旧のお知らせ>

・当サイトのトップページ以外のページが表示できない不具合が発生しておりましたが、本日復旧いたしました。ご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした。

ご意見・ご要望は

管理者:有森直子

(genetics@luke.or.jp) まで。

Count

  • 82955総閲覧数:
  • 30今日の閲覧数:
  • 38昨日の閲覧数:
  • 58722総訪問者数: