ヒトGermline遺伝子・染色体検査オンラインデータベースの目的と編集方針
  • 遺伝子検査情報を適正に提供することにより、倫理的な問題をはらむ可能性のある遺伝子検査の濫用を防ぎながら、本当に必要とする人が遺伝子検査を有効利用できることをめざします。
  • ある程度研究が終了したものについても、可能な限りデータベースに登録し検査の継続をお願いいたします
  • 平成15年9月より、日本衛生検査所協会に加盟している臨床検査会社において行われ、臨床的意義が確立している検査についても、本データベースに含めました。稀少疾患についても可能な限り掲載をお願いいたします。
  • 臨床的意義の確立していない多因子疾患の体質診断などで、日本衛生検査所協会に加盟していないため「ヒト遺伝子検査受託に関する倫理指針」の規制を受けず、営利目的で検査を行う検査施設については、このデータベースに登録することができません。 本事業の趣旨をご理解の上、積極的に遺伝子検査情報の登録を行ってください。

 注意事項

  • このデータベースは遺伝性疾患の遺伝子解析のみを対象としています。体細胞変異による疾患や感染症は含みません。
  • このデータベースへの参加は任意であり、データベースの内容は、検査施行施設の申告によるのものです。正確さ、信頼性、完全さ、迅速さ、必要性、有用性などについて本データベース 管理者は責任を負うことができません。
  • 依頼医師は検査施行者と、検査を行わない可能性も含め事前に検査実施の条件等を十分話し合って、トラブルのないようにしてください。
  • 被検者に対しては、検査に関する十分な説明と遺伝カウンセリングを適切に行ってください。
  • 研究として行われるものについては、 ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針を、臨床検査として行われるものについては 遺伝学的検査に関するガイドラインを遵守する必要があります。また、臨床検査会社への委託の場合は ヒト遺伝子検査受託に関する倫理指針が適応されます。他の関連ガイドラインも参照してください。

登録会員のみ利用可能(ページ移動後ログイン→上部の検索フォームをクリック)



お知らせ
<2014.11.19 データの誤表示について>

・遺伝ネットに掲載されている情報(遺伝相談担当医師または施設、歯科・医籍登録番号)の内容に誤りがあるとのご指摘を17日にいただきました。これは、データ異動の際に生じたもので、19日現在データの修正を完了しております。さらに誤表示がありましたら、担当者までご連絡ください。ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

ご意見・ご要望は

管理者:有森直子

(genetics@luke.or.jp) まで。

 

Count

  • 60163総閲覧数:
  • 32今日の閲覧数:
  • 36昨日の閲覧数:
  • 41201総訪問者数: