【熊本】しし座流星群2022!方角やオススメの観測スポット、穴場情報のまとめ!

しし座流星群は毎年11月6日〜30日頃に出現し、11月17〜18日頃が特に流星が多く見られる極大日となります。

2022年の極大日は11月18日(金)の予想となっています!

ただ、ピークの時間は8時となっているため、観測に適した時間は11月18日の0時〜明け方までとなります。

今回は、しし座流星群を熊本で観測予定の方に向けて、方角や観測スポット、穴場情報についてまとめました。

しし座流星群2022!観測の方角は?

流星群は夜空のどこでも現れるため、方角を気にする必要はないと国立天文台のHPに記載されています。

ただ、天体の出す光は弱いため、月のある方向を正面にして観測するのは避けたほうが良いそうです。

観測の際は、街灯などがない場所を選ぶことが大事です。

空全体を広く見渡せると流星を見つける確率も上がりそうですよね。

ただ、気にする必要はないと言っても参考程度に方角を知りたいと思った方は「東の空」に注目してみて下さい。

放射点のしし座は東の空で見ることができます!

しし座流星群2022!オススメの観測スポット

〜熊本でしし座流星群の観測にオススメなスポットを6つ紹介します〜

熊本県民天文台

熊本県民天文台は、熊本市南区にある天文台です。

熊本市では唯一の天文台となりますが、新型コロナの影響もあり、現在の一般公開は中止となっています。

広大な敷地の一角に天文台があり、夜は肉眼でも星が綺麗に見えるためオススメなスポットとなります。

花岡山公園

花岡山公園は、熊本駅に近い熊本市西区にある公園です。

日の出や夜景が人気ですが、流星群の観測もすることができます。

金峰山よりも運転がしやすいため、運転に慣れていない方でも行きやすい点がオススメポイントです。

独鈷山 祈りの丘記念公園

独鈷山 祈りの丘記念公園は熊本市西区にある公園です。

夜景スポットとして人気ですが、視界を遮るものがないため流星群の観測にも向いています。

車で行きやすいとこもオススメできるポイントです。

清和高原天文台

清和高原天文台は、上益城郡山都町にある宿泊施設も兼ねた天文台です。

標高700mに位置しており、街明かりも少ないためとても綺麗に星を見ることができます。

天体観測会は予約が必要となり、宿泊者優先となるため、希望する際は早めの予約がオススメです。

南阿蘇ルナ天文台 オーベルジュ「森のアトリエ」

南阿蘇ルナ天文台は、南阿蘇村にある宿泊施設も兼ねた天文台です。

熊本では1番人気の天文台です。

宿泊しない場合でも、当日の予約で天文台や星見ヶ原の体験ができます。

星見ヶ原では横になって星空を眺めることができるため、流星を見るにはもってこいの場所ですよね。

ミューイ天文台

ミューイ天文台は上天草市の龍ヶ岳山頂自然公園の中にある天文台です。

龍ヶ岳は「スターウォッチング」で日本一の星空に認定されています。

事前予約をすると天文台での観測ができます。

天草方面に住んでる方は、是非検討してみてください。

しし座流星群2022!穴場情報

ここまでに紹介した6つのスポットはどれもオススメです!

ただ、私が思う穴場は「熊本県民天文台」となります。

花岡山や祈りの丘記念公園は、流星群に関係なく夜景を見たい人も集まります。

熊本県民天文台は現在コロナの影響で天文台の見学ができないため、訪れる人は少なくなると予想されます!

まとめ

今回は、熊本でしし座流星群を観測する際の観測スポット等をまとめてみました。

夜は寒さが厳しくなることが予想されるため、出かける際は防寒対策をしっかり行なって下さい。

綺麗な星空を見ることができると良いですね。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。